働くママに役立つtips・育児・美容・おすすめしたい場所やもの・お金…
3人保育園児育児しながら時短正社員で働くきいが発信する役立つかもしれない話。

キングの心の闇に共感しまくる。そしてカケルの覚醒【風が強く吹いている22話ネタバレあらすじ、感想、最新情報】

アニメ「風が強く吹いている」の第22話のネタバレあらすじと感想、最新情報を書いています。

駅伝好きな筆者が駅伝や長距離陸上についての解説もしています。

風が強く吹いているを見た人も見逃した人も、駅伝好きな人もよく知らない人も楽しめる内容になっているので楽しんでいってくださいね。

※最新情報は最新会の回の記事に随時更新しているので何度でも遊びに来てくださいね。

☆前回の記事はこちら

ニコチャンの走ることが好きだ愛してるが泣ける…!【風が強く吹いている21話ネタバレあらすじ、感想、最新情報】
風が強く吹いている21話のネタバレあらすじ、感想、最新情報を書きました。 高熱でも走りきった神童の繋いだ襷をユキやニコちゃん、キングはどう繋いでいくのか…

☆最終回の記事はこちら

ハイジが見つけた答えとは。涙なくして見れない最終回!【風が強く吹いている最終回!23話のネタバレあらすじ、感想、最新情報】
風が強く吹いている23話のネタバレあらすじ、感想、最新情報をかきました!ついに最終回!寛政大はどうなる?カケルは、ハイジのラストランは?

 

☆公式twitterはこちら

☆公式HPはこちら

TVアニメ「風が強く吹いている」公式サイト
TVアニメ「風が強く吹いている」公式サイト 2018年10月より日本テレビ、BS日テレ、読売テレビほかにて放送開始

☆見逃した人はhuluやFODで配信しています!




無料お試し期間もありますよー

☆三浦しをんさんの原作本はこちら

created by Rinker
新潮社
¥961(2019/04/19 12:37:43時点 Amazon調べ-詳細)

☆漫画版との違い・感想を書きました

漫画版「風が強く吹いている」レビュー【アニメとの違いを検証!(ネタバレなし)】
箱根駅伝を目指す大学生を描いたお話、「風が強く吹いている」。 もともとは三浦しをんさんの小説が原作ですが、現在はアニメ化されていて放送中です。 アニメ版の感想書いているので良かったら読んでください。 このアニメには...

あらすじがめちゃくちゃ長いので感想や最新情報を見たい方は目次から飛ぶことが出来ます!

風が強く吹いている22話のネタバレあらすじ

キングは榊に引き離されてしまう。

キングは焦りを抑えられない。

 

※回想

練習中、キングとハイジが話す。

キング「お前してんの?就職活動?

やっぱ実業団?まさか留年して…」

ハイジ「してるように見えるか?留年するつもりはないが先のことは考えていない」

キング「だよな。これで就職先決まってたらきれるぞ」

ハイジ「8区は厳しい区間だ。抜かれることがあっても絶対に気にするな。

ポイントは遊行寺の坂。そこまでスタミナを温存しろ」

キング「遊行寺ね。問題です。遊行寺の正式名称は?」

ハイジ「キング、手伝うよ就職活動」

キング「は?どうやってやるんだよ無理だろ」

※回想終わり

 

監督「キング聞こえてるか返事をしろ。深呼吸しろ。

お前があまりにつっこんでくるもんだからハイジが電話してきたぞ。

大手町についたら遊行寺の正式名称を教えてほしいって」

 

※回想

キングが1年生の時、青竹にやってくる。

ニコチャン「1階の空いてる部屋使えよ。今年の1年は何なんだろな。

眼鏡のいけすかねえ奴と、何考えてるかわかんねえ奴と」

ハイジがやってくる。

ハイジ「先輩、調理器具つかっていいんですか?」

ニコチャン「勝手に使っていいよ。オールフリー。

あいつ、何考えてるかわからないほう」

ハイジはキングに挨拶をする。

ハイジ「清瀬ハイジです。文学部」

キング「坂口洋平。社会学部。よろしく」

ハイジが手を差し出す。キングはハイジの指の端っこを少し握る。

ハイジ「お茶入れるからのむ?」

 

 

キング「明るく愉快な大学生活。

なんとなくドラマで見たような何かを期待してあそこを選んだんだった。

なんにもねえ大学生活だったなぁ。

何にもねえまま卒業してしまいそう。

あてがはずれたとしたら自分自身にだ。

小心者でプライドだけ高くてでも気遣っては欲しくて。

そんな自分が嫌で気持ちがずれまくって。

 

こいつならハイジなら俺を受け入れてくれるかもしれない。

そう思うのが怖かった。

だって俺のことを一番の友人とは思ってねえだろ。

ダメなんだどこにいてもどうも俺だけ浮いてる気がする。

誰にも心を開いた気がしない。弱みは見せない。

俺はキングだ近寄るな。

それじゃ誰もよってこねえよな。

今更こんな自分を変えられないし」

 

前を走る榊とは30秒差となる。

監督「いいぞ。うまくリズムを立て直した」

 

キング「でも走っている時だけは違う。うちはひとりでも欠けたら成立しない。

遠慮もなく支えあえる。それでいて走るときは一人だ自分とじっくり向き合える。

走ってる時だけは俺は俺を演じる必要がないんだ。

そうだ俺はだれでもない。誰でもない俺こそが本当の俺なんだ」

 

榊は賢明に前を追う。

 

監督「15キロだ勝負どころだぞ。

ハイジからの伝言だ。回答ボタンの準備はいいか」

 

キング「ハイジよ、箱根はもうお前ひとりの夢じゃねえんだ。

俺たちの夢なんだ」

 

たくさんの歓声を浴びて走るキング

 

キング「いい夢だよ 二度と冷めたくないくらいに」

 

 

カケルと電話するハイジ

ハイジ「なんだ弱気になってんのか」

カケル「まさか。ハイジさんの調子はどうなんですか」

ハイジ「俺は絶好調だ。そっちこそどうだ?

藤岡以上のランナーはいない。

あいつと勝負をして君はもっと強くなる」

カケル「今はまだ勝てないってことですか」

ハイジ「君と1年間走ってきた、だから断言する。

君は俺にとって最高のランナーだ。強くなれカケル」

カケル「見ていてください、ハイジさんの信じたものを」

 

榊が戻ってくるタスキをつなぐ

 

榊はカケルと顔を合わせる。

榊はかつて箱根駅伝本番で会おうといったことを思い出し、

「まさか本当に会うなんて…」とつぶやく。

榊「でも認めない 寛政に未来なんてない」

カケル「襷を届けたいだけだ 待ってるんだよみんなが」

榊のもとに仲間がやってくる

「区間5位だって」

 

カケルがスタートラインにつく

カケル「ジョージ、好きになるってどんな気持ち?」

ジョージ「え?」

カケル「好きだよ俺も」

ジョージ「え?誰を?」

 

キングが戻ってくる

キング「頼んだ」

カケル「はい」

 

ジョージ「ねえ、だれを?誰をだよ!!」

 

藤岡は1キロ2分48秒ペースで走る。

前を行く房総大が逃げる。

 

シード権を争う3大学がせめぎあっている

 

カケルが雪の中一人走る

「雪…

何も感じない。

遅いのか、すごい風だ。(応援してくれる人たちに)ありがとうございます。(カメラを見て)とられてるのかな。

ということはいいペースなのか?…あるよな、地面」

 

カケルは1キロ2分45秒ペースで走る。

その様子をテレビで見ているハイジと王子。

ハイジ「綺麗だ」

王子「いやになりますよこんなもの見せられたら。努力がむなしい」

ハイジ「努力ですべてかなうというのは傲慢だ。

だが、ここではだれもが平等だ

同じ道を走ってもたどり着くゴールはそれぞれなんだよ」

 

監督からハイジに電話がかかってくる。

監督「もうすぐ5キロだ何か伝えなくていいのか」

ハイジ「いいんです今のあいつは走ることで違う次元にたどり着こうとしている。

誰もカケルに触れてはいけません」

 

大手町に戻るムサ、神童、ユキはカケルのハイペースを心配している。

ユキ「権太坂で2分50秒か」

ムサ「走ったからこそわかる。このペースで最後まで持つものはいません」

神童「行かせてるんだと思うよハイジさんが」

 

ジョージとキング

ジョージ「キングさん早く!カケルが早くて間に合わないよ」

キング「おい、もっと先輩を敬え」

 

カケルは走る。

「好きだなこういう景色。箱根って感じ。

そうか登っちゃいけないんだな、今日は。

軽いな、もっとペースをあげないと。いた。そこにいた」

カケルは3人を抜き去る。

 

カケル「これで位置は十分。

このまま走り続けたら全員抜いてやるのに

走り続ける?ずっと一人で…」

 

暗闇に走る背中が見える

藤岡「お前は俺に何を見せてくれる?」

 

一方藤岡はトップを抜き去る。

逆転する。

 

王子「カケルもどうかしてるけど、こっちもこっちだな」

ハイジ「六道だからできたことだな。ひとりひとりが着実につないで、藤岡に託す」王子「一人でできる仕事じゃないってことか」

ハイジ「でも藤岡の重圧を考えると震える」

 

藤岡は区間新を狙っていますねと話すアナウンサー

ハイジ「当然だ。あいつがチームを勝たせるだけで満足するか。

勝ってなお勝とうとする男。

こいつが現時点のトップだ」

王子「現時点って言いましたよね。聞き逃しませんよ」

 

カケル「追いつける。追いつく。もうその先にいるんだ。本当の俺が」

カケルはさらに2校抜く。

 

給水「六道藤岡、区間新の可能性」

カケル「だろうな」

給水「ひとじゃねえよあんなの」

 

カケル「見た目の順番はどうでもいいも問題はタイムだ。

足はどうだ?肺は?もっといける。もっと走れる。

加速しろ。お前には負けない」

 

「あっ」

 

カケルを光が包む。

 

風が強く吹いている 22話の感想

キングの心の闇に共感しまくる

いやー、今回はキングの心の闇が明かされるのがよかったですね。

今までキングって、就活うまくいってなくて、いつもおちゃらけてて、ちょっと偉そうで…というイメージでしたが、彼は彼でいろいろと悩みを抱えていて。

でも、キングの気持ちって誰しも少しは心の奥にあるんじゃないかなと思いました。

もっと人と深く関わりたいけど、怖くて。だけどそんな風には思われたくなくて。

大丈夫なようにふるまって。

 

大人になってからはそういう感情から割と解放されたのですっきりしたけど、学生時代はそういう気持ちめちゃくちゃ持ってました。

キングがハイジともっと深く仲良くなりたいけど、そこに飛び込むのが怖い。だってハイジにとって自分は一番の友人にはなれないから。

そう思うシーン、もうデジャブ過ぎて直視できない…。

自意識が強いくせに小心者…わかる。

 

そんな大学生活、何もなかったと語るキングが、まさか箱根駅伝を走るとは。

そして仲間と大きな夢をかなえるとは。

めちゃくちゃ素敵だなぁと思いました。

 

駅伝って走るときは一人だけど、一人じゃなくて。

だけど一人だからこそ、誰に遠慮することもなく自分自身でいられて。

キングが自分自身に戻っていくところすごくよかったなぁと思いました。

 

榊の活躍

榊が序盤からハイペースだったので落ちてくるかなと思いきや、1年生にして区間5位の力走を見せましたね。

走り終わってからもカケルに憎まれ口をたたくも、彼も、彼の活躍を喜ぶ仲間に囲まれている姿を見て何か変わっていくのかな、という気がしました。

榊は最初から嫌な奴としてしか出てきていないけど、カケルを恨むのは榊がめちゃくちゃ努力をして陸上に向き合ってきたからこそじゃないかなと思うんですよね。

だから榊が箱根駅伝できちんと活躍できて、よかったなぁと思います。

(ちなみに漫画版の榊は憎めなくてかわいいので、その榊に引っ張られてるところもある)

 

覚醒するカケル

カケルのエピソード何か入るかな?と思いきや、カケルが覚醒して走るだけだったのがちょっと残念だったりして。

カケルに関しては今までのエピソードでほぼ語られているのでその集大成という感じなのかな。

ぜひ、藤岡に勝って区間新とってほしい!

カケルの「俺も好きだよ」

カケルが言った「俺も好きだよ」

これはハイジと出会った時の「走るの好きか?」につながるのでは…?

走るのが好き、一緒に走る仲間が好き、そして自分のことも好きになったのかな。

そうだといいな。

え、次回最終回?

予告を見て、つい声が出てしまったけど、次回最終回なんですね!

えー…

来週以降何を楽しみに生きたらいいのか。。

そして何をネタにブログを書けばいいのか…

 

ということで、次回!

☆最終回の記事はこちら

ハイジが見つけた答えとは。涙なくして見れない最終回!【風が強く吹いている最終回!23話のネタバレあらすじ、感想、最新情報】
風が強く吹いている23話のネタバレあらすじ、感想、最新情報をかきました!ついに最終回!寛政大はどうなる?カケルは、ハイジのラストランは?

 

☆総括はこちら

【アニメ風が強く吹いているの感想総括】独断で選ぶ神回と名シーン名ゼリフ集!
アニメ「風が強く吹いている」全23話の総括と感想を書きました。独断で選んだ神回と名場面集! 走るとは?頂点は?考察しました。

 

風が強く吹いているの最新情報

BD/DVD vol.1は好評発売中!

vol.2

vol.3 3/13発売

vol.4 4月17日発売予定!

 

寛政大陸上部後援会イベント!

風が強く吹いているグッズ!

ニコちゃんパーカー、ニコちゃんスウェットパンツ、マフラータオル、ウインドブレーカー予約開始!

 

予約は下のリンクからできます!


Twitterで4コママンガ配信中

第1回はこちら

第2回はこちら

第3回はこちら

第4回はこちら

第5回

第6回

第7回

TVアニメ「風が強く吹いている」公式サイト
TVアニメ「風が強く吹いている」公式サイト 2018年10月より日本テレビ、BS日テレ、読売テレビほかにて放送開始

第8回

第9回

 

小田急箱根スタンプラリー

 

※こちらは随時更新します!

コメント

error:Content is protected !!