働くママに役立つtips・育児・美容・おすすめしたい場所やもの・お金…
3人保育園児育児しながら時短正社員で働くきいが発信する役立つかもしれない話。

ハイジが見つけた答えとは。涙なくして見れない最終回!【風が強く吹いている最終回!23話のネタバレあらすじ、感想、最新情報】

アニメ「風が強く吹いている」の第23話のネタバレあらすじと感想、最新情報を書いています。

ついに最終回です…!

駅伝好きな筆者が駅伝や長距離陸上についての解説もしています。

風が強く吹いているを見た人も見逃した人も、駅伝好きな人もよく知らない人も楽しめる内容になっているので楽しんでいってくださいね。

※最新情報は最新会の回の記事に随時更新しているので何度でも遊びに来てくださいね。

☆前回の記事はこちら

キングの心の闇に共感しまくる。そしてカケルの覚醒【風が強く吹いている22話ネタバレあらすじ、感想、最新情報】
風が強く吹いている22話のネタバレあらすじ、感想、最新情報を書きました。 ついに8区、キングと榊は?そしてカケルと藤岡は?

☆公式twitterはこちら

☆公式HPはこちら

TVアニメ「風が強く吹いている」公式サイト
TVアニメ「風が強く吹いている」公式サイト 2018年10月より日本テレビ、BS日テレ、読売テレビほかにて放送開始

☆見逃した人はhuluやFODで配信しています!




無料お試し期間もありますよー

☆三浦しをんさんの原作本はこちら

created by Rinker
新潮社
¥961(2019/08/22 16:20:42時点 Amazon調べ-詳細)

☆漫画版との違い・感想を書きました

漫画版「風が強く吹いている」レビュー【アニメとの違いを検証!(ネタバレなし)】
箱根駅伝を目指す大学生を描いたお話、「風が強く吹いている」。 もともとは三浦しをんさんの小説が原作ですが、現在はアニメ化されていて放送中です。 アニメ版の感想書いているので良かったら読んでください。 このアニメには...

あらすじがめちゃくちゃ長いので感想や最新情報を見たい方は目次から飛ぶことが出来ます!

風が強く吹いている23話のネタバレあらすじ

鶴見中継所では六道大学の選手が藤岡の帰りを待っていた。

藤岡がタスキリレーをする。藤岡は1時間9分の区間新記録を出す。

 

藤岡はハイジと顔を合わせる。

ハイジ「圧倒的だった。強く安定していた。今のお前に勝てるものはいない」

藤岡「でも蔵原なら。清瀬、俺たちはいったいどこまで行けばいいんだろうな」

 

そのころカケルはさらに加速していた。

 

藤岡「あるのかなこの先は」

 

ハイジ「でもやめられない、だろ」

 

藤岡「楽しんで来い」

 

ハイジ「あいつはもっと強くなる。藤岡がカケルを覚醒させ、カケルが藤岡を駆り立てるんだ。

なら、俺は…」

 

大手町に寛政大のみんなが集合していく。

 

カケルが鶴見中継所に戻ってくる。

ハイジにつきそう王子がハイジに声をかける。

王子「ハイジさん、終わる前に言うことじゃないけど、楽しかったです」

ハイジ「そうか、俺もだ」

王子「だから、あとは無事に帰ってきてくれさえすれば…

なんてどうぞ、好きなだけお走りなさい」

ハイジ「そうする」

ハイジは微笑む。

 

カケルが戻ってくる。

 

カケル「勝手に体が動く。自分の意識さえも置き去りにして。

ハイジさん」

 

ハイジ「君が俺の目の前を通り過ぎたときに夢が目の前を通り過ぎたと感じた。

理想の姿。それが君だ。

知ってるか、その光の筋が見えるということ、まるで流星のように」

 

カケルはタスキリレーをする。

カケルのタイムは藤岡の区間新を塗り替え1時間59秒で区間新を取る。

 

ハッピーエンドは終わるはずがない

 

カケルはインタビューも受けずに、ハイジの帰りを待つために大手町まで走る。

 

完成大学はハイジの時点で12位。

シード権を取るには、東体大より1分2秒早くゴールする必要がある。

 

ハイジは痛み止めを打って走っていたのだった。

ハイジは医者に「ここまで連れてきてくれた仲間がいます。覚悟はできています」と告げるほどの覚悟だった。

 

ハナちゃんとにらも大手町に戻る。

ハナコ「ジョージ君は?」

ムサ「ハナチャン聞きたいことがあるんだけど、いい?」

 

アナウンサー「東体大のペースが落ちてるかもしれません」

ハイジ「いくぞ、このまま。

無茶を言ってごめんな。向こうの空もこんな感じだった。いつも雲が広がって」

 

ハイジの実家にて

ハイジの母「お父さん、今日くらい」

ハイジの父「練習はじめはこの日だって決まってる。

あいつはあいつ、俺は俺だ」

※回想 高校時代のハイジ

父「ハイジ、焦るな。」

唇をかみしめるハイジ。

※回想 竹青荘で監督に告げるハイジ

ハイジ「やっぱり走りたいです。ようやくわかりました。走っても走らなくても同じだけ苦しいことが。

それなら心が望むことをやり通したいです」

監督「因果なもんだな。いつだってお前が走る道がコースになる」

ハイジ「必ず作ります。最高のチームを」

※回想終わり

 

ハイジ「見てるか父さん、これが俺の作ったチームだ。

最高のチームだ」

 

テレビも見ずに練習に向かったハイジの父の耳にはイヤホンが付いている。

 

 

ハイジ「走るということが前よりもっと美しい形で俺の前に帰ってきてくれたんだ。

こんな幸福なことがあるか。

嬉しい、涙が出そうだ。俺は本当に幸せだ。

たとえもう二度と走れなくなったとしても、俺は、走ることが、大好きだ。」

 

大手町に風が強く吹いている。

トップの六道大が帰ってくる。

 

みんなはハイジが痛み止めを打って走っていることをカケルから聞く。

「痛み止め?」

「汗の量がおかしいもん。表情も硬い。」

「今更無理するなって言っても聞かねえよ。」

「どこも必死だからね。」

 

カケル「信じましょう。ハイジさんなら絶対に見せてくれる。俺たちが目指す最高のゴールを。」

 

頂点に立ったのは六道大学。

藤岡を中心に喜びを分かち合う。

 

監督が車からハイジに声をかける。

「ハイジ、ユキの試算だ、このままだと6秒及ばない。

残り3キロ、お前次第だ。」

 

ハイジは目の前がグラグラしていた。

ハイジが大手町まで戻る。

歯を食いしばって走るハイジ。

 

カケルがゴールテープの前に立つ。

ハイジが戻ってくる。

5番目に戻ってきたのは寛政大学。

大手町には強く風が吹いている。

 

ハイジの目の前にはカケルの姿。

ハイジは微笑む。

が、足に強い衝撃が走る。

 

カケルが涙を流す。

寛政大のみんながハイジに声をかける。

 

カケル「あなたは言った。走るとは何なのか、それを知りたいとあなたは言った。

その答えはあなただ。」

 

ハイジもまた、光輝くのだった。

 

「あなたそのものだ」

ハイジがゴールする。

 

 

カケルに抱えられるハイジ。

足はがくがくしていた。

 

寛政大は2秒差でシード権を獲得するのだった。

涙を流して喜ぶみんな。

 

榊は涙を流して悔しがる。

ハイジの父親もちゃんと、聞いていた。

 

みんなでハイジを囲む。

 

ハイジ「どうだ、見えたか、頂点は?」

 

そして、3年後、桜の咲くころ、竹青荘が老朽化で解体される前にあの時の10人が集まった。

 

「王子が働いているなんてな。」

ムサはもう一年大学院に。

ニコちゃんの髪は短くなった。

 

カケル「追加のお酒です。」

みんな、それぞれの道を歩んでいる。

ハイジ「今日は飲むぞ、カケル」

ハイジは実業団のコーチになるのだった。

 

「で、結局どっちだったの?」

みんなが気になっていたのはハナちゃんが結局ジョージとジョータのどちらが好きかどうかだった。

 

あの日、大手町でムサはハナコに聞いていた。

ハナコ「嘘?顔に出ていましたか?内緒ですよ!」

ムサ「で、どっちを好きなの?」

ハナコ「どっち?」

ハナコはムサに耳打ちする。

ムサ「僕とハナちゃんの内緒です。」

 

ハイジ「どうだ?新しいチームは?」

ジョータ「あの時よりも強いっす。」

 

カケル「時間は戻らない。

俺たちも前に進んでいく。

寂しい時もある。でもそれが…」

 

ハイジ「冬が楽しみだな」

 

 

ハナちゃんも寛政大に入学し、マネージャーになっていたのだった。

カケル「よし、いこうか。」

 

寛政大にはたくさん新入生が入っていたのだった。

 

探す答えがあると信じて。

強さとは、生きるとは、すべて風の向こう側。

道はほら、向こう側にある。

だから走るんだ。どこまででも走るんだ。

 

カケル「なあ、走るの好きか?」

 

風が強く吹いている 最終回 23話の感想

いや、もう涙涙ですよ。

カケルが出した区間新。

ハイジが選手生命をかけて走った姿。

ハイジを迎える寛政大のみんな。

 

そして最後の走るの好きか?のセリフがカケルだったこと。

カケルがハイジの意思を継いでいることがすごくわかるいいセリフだなぁと。。

ハイジが見つけた答え

結局走るって何なのか、その答えは何だったんだろう。

カケルは「ハイジ自身だ」と言っていたけど、あまりピンと来なくて。

足のケガにより、一度は陸上をやめたハイジ。

陸上を恨んだこともあった。

だけど、再び走り始めたハイジの前に走ることは美しい形で戻ってきてくれた。と語ったハイジ。

 

あの頃よりも速くないかもしれない。

でも今のほうが、最高のチームで、最高の舞台で走ることができた今のほうがもっと。

幸せだった。

なぜなら走ることの喜びを体全体で感じることができたから。

カケルという希望の光に出会って、素晴らしい仲間と一緒に走ることができて。

走ることが大好きだと思えるようになった。

それがハイジの答えなのかな。

 

そして、ハイジが選手としては走れなくなっても、実業団のコーチとしてまた陸上に携わると聞いてとっても嬉しかった!

 

ハイジのお父さんがちゃんと聞いてくれていてよかった

漫画版を読んだときの最大の不満がこのあたりでして。

ハイジの雄姿は絶対にお父さんにみてもらいたかったから、お父さんが練習に向かっちゃうんだけどちゃんとラジオを聞いていたのが、すごくうれしかった!

お父さんもちゃんとハイジがやってきたこと見てくれていたんだなと。

 

カケルの両親も見てくれていたのかな?そういう描写がもう少しあってもよかったような。

 

3年後のみんな

王子のスーツ姿がまぶしかった…

そして、ニコちゃん!格好良くなってた…!

カケルとジョージとジョータも4年生になって、ハナちゃんも髪が伸びて。

カケルがたくさんの人数を率いていて。(多分キャプテンだよね)

キングは就職できたみたいだし、ニコちゃんも働いてるっぽいし。

 

気になるところはいろいろあるけど多くを語りすぎないのは、それはそれでよい。

 

最終回…

今まで読んでいただいた皆様、ありがとうございます!

別の記事で風が強く吹いているの総括をやりたいと思います!

→書きました!

【アニメ風が強く吹いているの感想総括】独断で選ぶ神回と名シーン名ゼリフ集!
アニメ「風が強く吹いている」全23話の総括と感想を書きました。独断で選んだ神回と名場面集! 走るとは?頂点は?考察しました。

風が強く吹いているの最新情報

BD/DVD vol.1は好評発売中!

vol.2

vol.3 3/13発売

vol.4 4月17日発売予定!

 

寛政大陸上部後援会イベント!

風が強く吹いているグッズ!

ニコちゃんパーカー、ニコちゃんスウェットパンツ、マフラータオル、ウインドブレーカー予約開始!

 

予約は下のリンクからできます!


Twitterで4コママンガ配信中

第1回はこちら

第2回はこちら

第3回はこちら

第4回はこちら

第5回

第6回

第7回

TVアニメ「風が強く吹いている」公式サイト
TVアニメ「風が強く吹いている」公式サイト 2018年10月より日本テレビ、BS日テレ、読売テレビほかにて放送開始

第8回

第9回

最終回襷リレー

 

コメント

error:Content is protected !!